タイプ、ブランド、軍用ブーツの推奨事項

軍用ブーツその名の通り、行進や戦闘中に軍の部隊が履いた靴やブーツです。


一般歩兵が使用する靴の上は8-9インチです。タイプによると、それは極端な寒い地域で都市の戦闘、山の戦闘、熱帯ジャングルと砂漠の戦闘に分けることができます。軍用ブーツは、一般的に良い防水性と通気性の効果を持っており、その一部を置き換えることができる第一層牛革で作られています。レギンスの機能は、混雑を防ぐためにふくらはぎの筋肉をサポートし、捻挫から足首を保護します。排水口は湿気と高温の熱帯雨林に適しています。

歴史の中で最も古典的な軍事ブーツの一つ、パナマ軍用ブーツ、その大きな歯の靴底は泥だらけにすることは容易ではなく、上部も厚くなります。砂漠戦争では、黒い戦闘ブーツは熱を吸収しすぎて汚れやすいので、砂色または茶色のスエードの戦闘ブーツが発売されています。もともと砂漠地帯のために設計され、付属品はコーデュラナイロンおよび他の設計を使用した。山岳戦闘用の軍用ブーツと比較すると、耐水性が悪く、通気孔が排除されます。


現在、中国軍が大規模に配布したクラシック戦闘ブーツ、07ミリタリーブーツは、03戦闘ブーツから改良されています。基本設計は03戦闘ブーツと同じです。主な改善点は、前面に全粒質の高品質の黄色い牛革を使用することです。高品質の難燃性キャンバスで作られ、足首に難燃性の補強リブが付いています。ブーツの底には牛革の層があり、より通気性があります。

しかし。。。07はまた、多くの批判を持っている、それは息苦しい、通気孔がない、あまりにもかさばる、そして上の皮膚はあまりにも高価であり、大きなタスクの後に毎回、メンテナンスのために靴磨きを適用する必要があり、そうでなければ、安価で耐久性があると言えるクラックする必要があります。つまり、唯一のゴムは溶け、研磨剤に注入され、上側は熱溶融します。これは、寿命を延ばすことができますし、接着剤の開口部のほとんど問題はありません。同時に、アッパーレザーとミッドソールケブラーの刺し傷抵抗性層を確保する設備の下で、17の重量は07に比べて20%減少する。

現在、本物の3514の価格は200と300の間です。公平に、07と17は安価で耐久性があり、快適で機能的です。登山、ハイキング、建設現場、さらには農村農業にも便利です。しかし、今日は乾物の波を推薦するためにここに来ました!! ! ! ! ! ! !私はあなたがブーツの良いペアを購入したい場合、それは確かに普通のブーツのこの種を満たさないと信じています。


まず、最初のエシュロン、Junlock、マグナム、ベルビル、

これらのペアは、高度なチームに属しています。Junlockは北米で最も売れている機能性の靴ブランドの一つです。多機能安全靴、高級軍用、警察用ブーツの製造で有名です。1972年に台湾で設立され、多機能安全靴とハイエンドの軍用および警察のブーツに焦点を当てた40年以上の製造経験を持っています。ヨーロッパおよびアメリカの国際的なハイエンドブランドは、GK PRO、ウルヴァリン、テラ、511タクティカル、ダコタ、マック、コンバース·····多くの人がアディダスのGSG9シリーズの戦闘ブーツが傑出していることを知っているかもしれませんが、JunlockがアディダスGSG9の鋳造所であるというゴシップを聞いたことがありません。したがって、ジュンロックによって製造されたブーツの品質と品質管理。

その製品は、4インチ警察、6インチ通勤、8インチの軍事、都市戦闘ブーツ、山の戦闘と様々な民間のバージョンで発売されています。一般的な構成はps4防弾布ミッドソールとオシュナpuフォームインソールです。このタイプのブーツにはVボトムがいくつかあり、上部はコーデュラとカウハイドのミックスでもあり、耐摩耗性と引裂抵抗を効果的に高めます。


ビブラムソールは、ハイキングシューズが優れたグリップ、軽さ、耐摩耗性、耐久性を持たせるために特別なフォーミュラを採用しています。それはすぐにハイキングシューズの標準的なソールとしてスチールスパイクを置き換えました。この日まで、ビブラムの金八角形のロゴは、品質と高い機能性の代名詞となっています。

第2層、511、ローマ、サロモン、ダナー


これらはすべて外国ブランドですが、品質と品質の代名詞は間違いありません。その中で、戦術と軍事警察のために特別に設計された511戦術、および耐久性と信頼性の高い戦闘ブーツは戦術的な労働保護靴と呼ばれています。砂漠のブーツ、通勤ブーツ、軍用ブーツ、警察ブーツ、トレーニング屋外ブーツの製品ラインの祝福の下で、彼らは非常に広い聴衆と信頼性の高い品質を持っていますが、軍のファンによって批判された貧弱な着用経験と貧弱な防水と通気性のパフォーマンスの問題は常に存在し、全体的にはより推奨される軍事戦術的なブーツです。


第 二、Lowaは、統合鋳造プロセスの下で、足裏とアッパーは接着剤と統合され、ソールを開くことはほとんど問題ありません。ローワのドイツのブランドは、国内外でよく知られています。ブランドの下で無数の古典があります。靴。しかし、「LOWA」が言及されると、ほとんどの軍事愛好家は初めてZEPHYRシリーズの形状を考えます。実際、ローアにはアウトドアシューズの製品ラインもあり、タイプも多いです。ローファ軍用ブーツと比較して、アウトドアシューズはGTX防水と大きなVボトムが装備されています。アッパーは主に毛皮と牛革に変わり、軍用ブーツはローアゴムのアウトソールであり、アッパーはVソールよりも軍事的汎用性に注意を払うナイロンとカウハイドの組み合わせです。都市通勤や屋外の山岳戦闘に適しています。


最終的に、フランス出身のサロモン、ダナー。サロモン自体は、プロのクロスカントリーランニングやスキー用具のメーカーです。多くのクロスカントリーランナーの最初または高度な機器はサロモンですが、その軍事執行ブーツはサークルでも非常に有名です。そのサロモン軍の4つの主要な製品シリーズは、高速攻撃、警察の通勤、山の戦闘とコールドゾーンの戦闘が含まれています。その中で、高速アサルトブーツは、独自のクロスカントリーランニング技術、警察、コールドゾーンを使用する靴です。言うまでもなく、サークルで購入した山岳戦闘シリーズのほとんどは、高速暴行や警察の使用よりも優れた保護と汎用性を持っています。過去2年間に発売されたx alp登山シリーズも良い反応を示しています。


男性のロマンスの代名詞であるダナーは、ポーランドでアメリカで生まれ、「靴のロールスロイス」として知られています。屋外製品に広く使用されている防水靴下技術は、後にゴアによって買収されました。ほとんどの靴とブーツは、GORE-TEX防水技術を使用しています。