中国からの軍服管理規制

第一条 軍服の管理を強化し、軍服の特異性と深刻さを維持するために、これらの規制が策定される。

第2条 この規則における「軍服」とは、中国人民解放軍が現在装備している標準服とそのロゴ衣料を指す。

第三条 軍服の基準は中央軍事委員会によって承認される。

軍服は軍の軍需部門の監督の下で生産されます。

第四条 軍服及び軍服用特殊資材(以下、軍服契約の財)を製造する企業は、軍服及び軍服用特殊資材の製造に必要な条件及び能力を有し、品質保証制度と信用の良好な立場を有し、軍部が定めるその他の規制を遵守する。

軍服及び軍服の特殊資材の製造を申請する企業は、軍の軍部またはその認可機関によって検査され、前項で指定された条件を満たしている軍服事業の候補者リストに含まれるものとする。

軍服の製造作業と軍服の特殊資材に従って、担当の軍部またはその認可機関は、企業に契約する軍服の候補リストから企業に契約する最高の軍服を選択し、軍服や軍服特殊材料生産契約に署名する。

第五条 軍服製造企業は、軍服及び軍服特殊材料の生産契約を厳格に履行し、軍服の製造作業を完了し、契約で合意された時間、多様性、量に応じて軍服の製造作業を完了し、軍服生産の技術仕様を実施する。

軍服の請負業者は、軍服、軍服特殊材料生産契約または軍服生産技術仕様を転送することはできませんし、軍服や軍服特殊材料を生産するために他の企業を委託することはできません。

軍服製造企業の職員は、軍服用特殊材料の製造技術を漏らさないし、軍服、軍服用特殊材料の生産量、および受入ユニットなどの国家機密に関する情報を漏らしてはならない。

第6条:軍服及び軍服用特殊材料の製造における試用品は、軍用品またはその認可機関を担当する軍部によって検査された場合、完成品として受け入れられるものとする。軍服や軍服用特殊材料の製造における欠陥製品は、再構成されない、染色等は、他の方法で販売または譲渡してはならない。軍服の生産に残っている軍服のための特別な材料は、適切に保持または担当軍の軍部またはその認可機関の要件に従って引き渡されます。

第七条 軍服及び軍服用特殊資材を持つ企業は、貨物輸送の資格を有する。軍の物資を担当する軍部またはその認可機関は、その機関と輸送契約を結ぶ。運送会社は輸送契約を厳格に行い、キャリア企業の職員は、軍服の数、軍服の特殊資料の数、受入部などの国家機密に関する情報を漏らしてはならない。

第八条 軍の軍需部門またはその認可機関は、軍服製造企業による軍服及び軍服特殊資材の製造を検査し、国務院の下で、軍服及び特殊資材の製造契約の署名及び履行を国務院の下で産業・商業省に報告しなければならない。

第九条 軍の法令及び関連規定に従って軍服を着用できる現役軍人及び職員は、関連する規定に従って軍服を着用しなければならない。

任務中の軍の治安要員は、検査、ピケットを強化し、軍服の違法な着用を速やかに修正する必要があります。

軍人の役割を果たすには軍服を着用する必要がある映画やテレビ制作、演劇のパフォーマンスユニットの芸能人は、軍服に関する軍の規則を遵守し、軍人や軍人のイメージを損なわないものとします。射撃や演奏を行わない場合、軍服は許可されません。

第10条 許可なく軍服を購入、販売、貸し出し、贈与することは禁じられています。

かつて中国人民解放軍が装備した軍服や標準服を使って事業活動を行うことは禁じられている。

「軍用品」「軍服」「軍用品」などの条件でお客様を勧誘することは禁じられています。

第十一条 政府機関、組織、企業、機関、その他の組織の標準衣料とロゴ衣料は、軍服とは明らかに異なるものとする。

軍服のスタイルと色で作られた軍服を製造、販売、購入、使用することは禁じられています。

第十二条 この規則の規定に違反する以下の場合、産業商務省は違法な物品や違法利益を没収し、10万元までの罰金を課す。違法なビジネスの量が膨大な場合、ビジネスライセンスは取り消されます。犯罪を構成し、刑事責任を負う:

(1) 軍服及び軍服特殊材の違法生産

(2) 軍服及び軍服特殊資材の取引

(3)模造軍服の製造・販売

産業・商務省が軍服の違法製造または販売、軍服の模倣の疑いがあることを発見した場合、疑わしい品物を封印または押収する可能性があります。

第十三条 兵役契約企業が、これらの規定に違反し、以下のいずれかの状況を有する場合、産業商業管理部は、10,000~50,000元の罰金を課す。訂正を拒否した場合、訂正のために事業を停止するよう命じなければならない。

(1) 軍服や軍服用特殊材の生産契約または生産技術仕様の移転、または軍服や軍服用の特殊材料の製造を他の企業に委託すること。

(2) 改変または染色されていない特殊な資材を、欠陥のある軍服や軍服を販売または移送すること。

(3)軍服の製造に残っている軍服用特殊資材を適切に保管し、引き渡さない。

前項で定める状況の一つでは、軍の軍需部門は、兵役企業の候補者リストから削除するものとし、兵役企業の候補者リストに含まれてはならない。

第14条 軍服契約企業の職員は、軍服用特殊資材の製造技術、または軍服、軍服特殊資材の生産、輸送量、受入ユニットなどの国家機密に関する情報を漏らす軍服契約システムまたはキャリア企業の人員を漏らす犯罪を構成する場合、刑事責任は法律に従って調査されなければならない。

第十五条 これらの規定に違反する場合、中国人民解放軍がかつて事業活動のために装備した軍服や標準衣類の使用、または「軍事物資」、「軍服」、顧客を勧誘する「軍用製品」などの用語の使用は、行政部門から、訂正を命じなければならない。違法な物品や違法な利益を没収し、2,000元以上の罰金を課すが、20,000元以下の罰金を課す。訂正を拒否した者は、是正のために事業を停止するよう命じなければならない。

第十六条 軍服または軍服の模倣を着用して兵士のふりをして欺く、公安機関は、法律に従って公安管理の罰則を課す。犯罪が成立した場合、刑事責任は法律に従って調査する。

第十七条 公務員及び現役軍人が、軍服の管理において、自らの権力を乱用したり、職務を怠ったり、又は過誤を行ったりする者は、法律に従って処罰される。犯罪が成立した場合、刑事責任は法律に従って調査する。

軍服を貸し出したり、許可なく軍服を貸し出したり寄付したりする現役軍人は、中国人民解放軍の懲戒命令の規定に従って処罰される。

第十八条 公安機関や産業・商務省が押収した軍服の模倣の特定に関して論争がある場合、この評価は地方の軍事地区(駐屯地、駐屯地)または軍のサブ地区(駐屯地)クォーターマスター部門によって行われる。

公安機関や行政部門によって没収された軍服の軍服や特別資料は、地方の軍事地域(駐屯地、駐屯地)または軍のサブ地区(駐屯地)軍需給部門に引き渡されます。法に従って没収された軍服の模倣は、関連する州の規制に従う。

第十九条 中国人民武装警察が現在装備している標準服及びそのロゴ衣料の管理は、本規則を参照して実施する。

第20条 これらの規定は、2009年3月1日に施行する。