軍用武装ベルト

現代の軍の将校の衣装で使用されるベルト。ピストルやコマンドナイフをハングアップすることができます。武装ベルトはショルダーストラップを含む軍用ベルトを指します。規制によると、彼らは特定の機会に役員と名誉の警備員にのみ使用されます。対応する軍用(外)ベルトは、革またはキャンバスにすることができます。

Military Belt1Military Belt10

関数

1.武装ベルトを結ぶエチケットの機能は非常にエネルギッシュで威厳のある感覚です。

2.フィールド武装ベルトは、ピストルや短剣などの短い武器をハングアップするために使用することができ、それはまた、弾丸ベルト、手榴弾、医療キットなどの小さなオブジェクトをハングアップするために使用することができます。

3. ガードル、人の体型は"Y"になります。きれいに着た後、それは服の外側に結びついて、きちんとした、より強大に見えます。●ガード立ちガード、パトロールピケット、内ガードの武装ベルトです。効果。

Military Belt4Military Belt9

歴史開発

武装ベルトは将校専用です。昔、将校たちはベルトの左側にサーベルを着用して、重いサーベルがベルトを落とし、軍事的外観に影響を与えないようにしました。したがって、肩ベルトは右肩に置かれ、左斜めにベルトを掛けた。これは肩ベルトを追加しました。武装ベルトです。その後、軍服はめったにサーベルを着なかったが、武装ベルトはサーベルと一緒に将校の体から取り除かれなかった。兵士が着用した武装ベルトはベルトよりも英雄的だったので、彼らは保持されました。

Military Belt4

今日では、一部の人々は厳密に間違っている武装ベルト、私たちの軍の外側のベルトを呼び出します。武装ベルトと外帯の主な違いは、前者にはショルダーストラップがあり、後者は肩ストラップを持っていないということです。また、ウエストバンドは広く狭く、武装ベルトのウエストバンド部分はすべて広いです。ボタンホールタイプの場合は、すべてダブルブレストです。ナショナリスト政府の時代の武装ベルトは、一般的に対角ベルトとして知られています。それはその時に言われた場合:この子供は有望です、彼は斜めベルトを着用しました。これは、一般的に将校だけが武装ベルトを着用する資格があり、兵士は通常ベルトしか着用できないため、この人が兵士によって将校に昇進することを意味します。

Police Belt

中国兵の武装ベルトのベルトは、豊軍の軍事統合が行われた1922年に始まった。第1次志豊戦争で敗北した後、彼は一連の軍事改革を実施し始めた。彼の軍事思考、組織、軍需システムは旧日洋システムとは異なっていただけでなく、軍服や装飾品も作られました。武装ベルトの採用は、中国兵が武装ベルトを着用する前例を作り出した。西方武将の最初から終わりにかけて、西方直系安徽系と四川省、雲南省、広東省、広西軍の軍事システムを採用した新しい旧システム。日本軍から兵服を移植し、サーベルは内ベルトに直接掛けられたため、着陸禁止。

Military Belt7Commando Belt

武装ベルト構成

広いウエストベルト、クロスボディショルダーストラップ、ナイフループ(コマンドナイフをサスペンドしたり、ストラップのない小さなハンドバッグ(マップバッグなど)で構成されています。

Army Belt

起源

実際、軍服や関連機器(ヘルメット、レギンスなど)には一定の起源があります。兵士が定期的に着用するベルト(武装ベルトとも呼ばれる)も同じで、関連する伝説があります。

伝説によると、ヨーロッパでは第二次世界大戦前に頻繁に戦争が起きました。兵士たちはしばしば深い山や密集した森を歩き、服はしばしばとげ(ぶら下がり)によって引き裂かれました。引っ越しが不便だった。一部の兵士は、腰と脚にわらのロープと野生のブドウを使用しました。不必要なトラブルを避けてください。時間が経つにつれて、軍隊が行進するためのコンセンサスが形成されました。

その後武装ベルトへと進化し、ベルトの機能は戦闘の本来の機能だけではありません。

ベルトの美しい装飾に加えて、あなたはまた、その上に銃、手錠、トランシーバーや他のポータブル機器をハングアップすることができます。●オリジナルの黒から黄色、白などにも色彩が発達し、オリジナルのわらのロープからキャンバス、人工皮、牛革などにも開発されています。